2007年06月27日

開き直って

風俗通いが始まった。
綺麗ごとかもしれないけど、
誰かと付き合い心をコントロールする自信が無かったから…
吹っ切れてからというも盛りの付いた猿のごとく
週に2回は風俗に通ったように思う。

そんな日々が1年半続いたと思うがある日
腰を振りながら我に返った。
女性には失礼なことだけども
『俺…何でこんな奴の上でこんな事してるんやろ?』
純粋にそう思った。

それから数ヶ月大人しくしていたけども
恋愛しよう。好きな相手を抱きたい。
妻は家族としては好きだけど
『女性としても好きだったと思うが相手にされていない
自分を認めたくは無かったから』
恋愛は外に求めよう。一度だけしてみよう…そう思った。

かといって直ぐに知り合える訳でも無く
友人が(まさ)が以前からしていた出会い系サイトを
教えてもらい、また猿のように幾度と無くトライした。
半年で10人近く会っただろうか。
半分諦めた頃に一人に女性の書き込みに目が留まった。
『年齢は問いません。優しく受け止めて下さい』という文章だった。
年齢は20歳。俺はというと38歳…これは犯罪やな!
とまさと会話しながら気になったのでメールを送ってみた。

『何か悲しさを感じたので送ってみました。
何も無ければ良いけども、年が離れてるから相談ぐらいにには乗れるよ!』

送ったことも忘れまさとバカ話をしていたら返事があった。
『年齢は良いよ。相談乗って下さいね』
こんな感じでメールが始まった。
【関連する記事】
posted by ゼブラ at 18:45| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月26日

まず始めに

どうして書こうと思ったのか…
それは、ここ数年色んな事があり、今年の2月に余りに大きな出来事が
起きた為、今は…たぶんこれからも大人しくして行こうと思ってる。

時間が経つときっと自分の中で風化していくと思い
戒めの為に書く気になったような気がします。
妻には丸4ヶ月経った今でも思いっきり疑われているのだが…

誰かに読まれたいとかと言う思いより
自分自身が読み返したい。そんな思いなのかも知れません。

俺はと言うと今はこじんまりとした会社を経営してて
子供が2人の4人家族だ。閑静な住宅街に一軒家に住み
ごくありふれた生活をしていると世間は思っているだろう!
実は針の筵の上で生活をしているのだが。

一日の生活は、朝7時30分に起き、起きるなりまずはトイレに行き、
その流れでシャワーを浴びる事から一日が始まります。
朝食は必ずブラックコーヒーに目玉焼きにソーセージに
プチトマト朝の定番メニュー化している。
特段予定が無ければ8時30分に家を出て
8時49分には会社に着く。

会社ではまずPCを立ち上げ松井証券で日経先物の気配を確認する。
判で押した様に同じような毎日だ。
そう、ここ三ヶ月半は…

何故こうなったのか?と言うと3年以上遡ることになります。

今から4年前も同じ様な生活を表面上していたが
心の中はメラメラ燃え滾るようなものが有った。
 当時夫婦は世間的に仲の良い夫婦と通っていたと思う。
妻はと言うと正義の人。『悪行には神様が何時か罰を与える』
といった事を普通に言える人だった。
妻の家族を見ていると先ほどの言葉もなるほど!と思える程
人の良い両親だ。

夫婦の関係はと言うとはっきり言ってセックスレスだった。
それ以外は不満は無かったけど、その不満が大きかった。
何度も話し合ったが平行線だった。
『一緒にいても楽しいし友達夫婦で良いやん。
 エッチは他でして』
その一言で自分の中で何かが弾けた。
『それでエエならそうしよう』自分の中で何か決心のようなものが固まった。』
posted by ゼブラ at 17:46| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。